« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月29日 (水)

RE-CAFE

先日京都に行った帰り、晩ご飯を食べにRE-Cafe
いつものように食べて、「ご馳走様~」と帰ろうとすると
お店の方から「今月いっぱいで閉店なんです・・・」と

「ええっ~(゜∀゜)」
とてもショックなpapa mama
だって家の近所で、しかもワンコ同伴で晩ご飯が食べられるという
貴重なお店だったから
エコもこのお店の前を通ると、いつも入ろうとする程に・・・

再開される時はオーナーさんが変わるそうなので
ワンコ同伴できるかはわからないとのこと・・・
あまりに残念なので、ニコちゃん家に連絡

それで、次の週末(今月最後の週末)にまたまた
ニコちゃん家と行ってきました

昨年はワンコ新年会もさせていただいたりと
お世話になったお店だからね~

ニコちゃん家とお店の最後を楽しんできましたよ
こちらはご飯だけでなく、Sweets もおいしかったのに・・・

こんなお店が近くにできないかな~

140125

| | コメント (4)

2014年1月24日 (金)

似顔絵 京都 №3

二寧坂を歩いている時に似顔絵屋さんを発見

「見るだけでもどうぞ!ワンちゃんも描きますよ!」
という言葉に興味を引かれて中へ

こちらはユーモアを交えて表現する
「カリカチュア」という画法の似顔絵屋さん

せっかくなので家族みんなで描いて頂きました

papamama の顔はこれが「カリカチュアなのね」という感じの
なんとなくおもしろい仕上がりで
エコはユーモアよりかわいさ優先で大満足♪

またまたEco-Collection が増えました


140118_4

| | コメント (2)

清水寺~円山公園 京都 №2

ランチの後は清水寺へ

シーズンオフでもメイン通りは大勢の観光客
しかも聞こえてくるのは日本語より中国語が圧倒的に多いような・・・
さすが京都!

お店を見ながらのお散歩で
京都気分を満喫

 

そんな中八つ橋のシュークリームやクレープに目を引かれたmama でしたが
ランチの後で、お腹いっぱいだったので
今回は見送り


140118_2
そして産寧坂やねねの道を通って円山公園へ

 

円山公園は人も少なくのんびりお散歩
エコはのびのびお散歩できました


140118_3

| | コメント (0)

2014年1月22日 (水)

efish 京都 №1

週末ぷら~っと京都へrvcar
まずはランチということで、向かった先は「efish

一見、とてもワンコOK には見えないので
ドキドキしましたが、お店の方はすぐ案内してくれました
(こちらはワンコ同伴席は特に決まっていないので、一般の方々と一緒です)

鴨川沿いのcafe で席からよく見える~
一気に京都に来たぞーっという気分になりました

お目当てのランチはオクラと豆のカレー、サンドウィッチ、クラムチャウダーと
どれも具だくさんでやさしい味、美味しかった~♪

またまたステキなcafe に出会えました


140118_1

| | コメント (0)

2014年1月17日 (金)

千里北公園

先日、久しぶりに千里北公園へ行って来ました

ここは小高い丘があるので
膝蓋骨脱臼を患うエコにとっては筋力をつけるにはいい場所
階段はNG だけど、坂道は効果的なので・・・

140112_1
広い公園内をボールを追いかけ走りまわるエコ

ここで気をつけないといけないのは、時々窪んでいる所があること
エコはいつもボールしか見ていないので
窪地に気付かず落ちることがある(^^ゞ

140112_2
思いっきり遊んでご満悦のエコ

家に帰るとお腹がすいたのか
キッチンの横でごはんを猛アピールしていました
140112_3

| | コメント (0)

2014年1月14日 (火)

Gcafe

お正月は過ごしやすかったのに
ここのところは寒すぎる~(>o<)
いつまでこの寒さは続くのでしょうね・・・

ところで先日Gcafe に行った時、かわいい門松が飾られていたので
エコにモデルをお願いしてみました
華やいだ感じになりますよね~♪

この日、たくさんのプードルちゃんやビション・フリーゼちゃんに
出会い楽しかったのか、はたまた刺激的だったのか
帰りの車では爆睡のエコでした

140111
もうすぐ松の内が終わるので
それまでに写真をアップせねばと、焦ったmama でした

| | コメント (0)

2014年1月 2日 (木)

おめでとうございます

*** あけましておめでとうございます ***

今年も少しずつですがエコの成長を記していきますので
よろしくお願い致しま~す♪

140101

| | コメント (2)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »